グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  事業案内 >  事業部取扱商品

事業部取扱商品



 

VI事業

事業部紹介

バスキュラーインターベンション(VI)事業部は、血管疾患に対するカテーテル治療を主に管轄する部署です。
高血圧・糖尿病を基礎疾患として起こる動脈硬化(頭頚部・心臓・腹部・下肢などの血管が細くなったり、詰まってしまう)の患者様年間約30万人が、このカテーテル治療を受けておられます。
高齢化の進展とともに患者様の数が増加の一途を辿る中、体への負担が少ない低侵襲な治療法として治療件数も年々増えてきております。
私達VI事業部のメンバーは、この先端医療の一翼を担えるよう勉強を怠らず、病院のドクターやスタッフの皆様、そして患者様のお役に立てるよう日々努力しております。

商品説明

薬剤溶解ステント(DES)

表面に特殊な薬を塗ったステントのことです。体内に留め置かれた後に、薬が徐々に血管に溶け出し、血管が再び詰まってしまう(再狭窄)のを防ぎます。
薬剤溶解ステント(DES)は2004年に健康保険が適用となり、現在では多くの医療機関で狭心症や心筋梗塞の治療に使われています。

ロータブレータ

ロータブレータは、カテーテルという医療用の細く柔らかいチューブの先端に、ダイアモンドの細かい粒を付着させた小さなドリルが取り付けられた器具で、ドリルが高速回転して石灰化した部分を削り取ります。このドリルは柔らかいものは削れにくいことから、健康な血管を傷つけにくいのが特徴です。また、「削りかす」は赤血球よりも小さくなるため、血管に詰まることはほとんどありません。

IVUS

先端に小型超音波振動子が装着された小口径のカテーテルを冠動脈内に挿入し、血管壁の横断像を得る検査である。冠動脈は筋性血管であり、IVUSにより実際に得られる画像は多くの場合、3層構造を呈する。これは、それぞれ組織学的に音響特性の異なった内膜、中膜、外膜およびそれらの境界にある内、外弾性板によるとされている。しかし、これらは必ずしも解剖学的に正確な境界を示すわけではなく、そこで現れる厚みは超音波装置の軸方向の解像度の特性といわれている。
IVUSは血管壁の複雑な内膜の裂開、解離や残存する粥腫の状態などを描出でき、インターベンション時のバルーン、ステントサイズの決定、方法の選択、治療効果をみるうえで、血管造影による二次元投影よりも優れている。また近年では、VH(virtual histology)-IVUSが開発され、プラークを構成する組織図を再構築することによる不安定プラークの検出などに利用されている。

 

ND事業

事業部紹介

人生100年時代と言う言葉を耳にした事があるでしょうか?

日本人の平均寿命が年々更新できている理由の一つとして、猛スピードで進化する医療技術が挙げられるかと思います。医療機器専門商社である当社が、最先端医療に携わる中でカテーテルに特化した事業がND事業部です。

近年手術室と血管造影室の両方の機能を併せ持ったHybrid ORが誕生し、その部屋で行われるSHD(構造的心疾患)によるカテーテル治療機器や大動脈瘤に対するステントグラフト治療機器を主に取り扱っております。

病院の先生方のご質問にも適時お答えできるよう、日進月歩の医療の中で日々勉強ですが、患者様の治療に陰ながら貢献できるものと誇りを持って取り組んでおります。

商品説明

経カテーテル大動脈弁置換術【TAVI or TAVR】

  • TAVI(transcatheter aortic valve implantation)
  • TAVR(transcatheter aortic valve replacement)
重症の大動脈弁狭窄症(AS)で開胸手術による治療が不可能または困難な患者様に対するカテーテル弁置換術

経皮的僧帽弁接合不全修復術

重症の僧帽弁閉鎖不全症(MR)には、僧帽弁形成術または置換術が効果的な治療法であるものの、外科治療が困難な患者様への代替治療

経皮的卵円孔開存(PHO)閉鎖術

経皮的卵円孔開存閉鎖術は、潜因性脳梗塞または一過性脳虚血発作の既往があり、PHOの存在が脳梗塞の発症に関与していると判断された患者様に対する閉鎖治療

経皮的左心耳閉鎖術

非弁膜症性心房細動の既往があり、脳卒中および全身性塞栓症のリスクが高く長期的抗凝固療法が難しい患者様への代替治療

ステントグラフト内挿術

  • TEVAR(Thoracic Endovascular Aortic Repair)
  • EVAR(Endovascular Aortic Repair)
大動脈瘤や大動脈解離を発症した患者様には人工血管置換術が効果的な治療であるものの、外科治療が困難な患者様への代替治療

 

CRM事業

事業部紹介

CRM(カーディアック・リズム・マネジメント)事業部は、心臓疾患の中でも主に不整脈の診断および治療に関する医療機器の取り扱いをしています。日本不整脈学会が認定するCDR(Cardiac Device Representative:ペースメーカ/植込型除細動器関連情報担当者)の資格を保有しており、技術革新が目覚ましい医療機器の専門的な知識と技術の向上に努め、医療関連企業の従事者として高い倫理観を持ち業務に取り組んでおります。

商品説明

ペースメーカ

心臓の徐脈性不整脈(洞不全症候群・房室ブロック・徐脈性心房細動)への治療として使用される医療機器です。各メーカーとも小型・軽量化されており、日常に支障なく生活することができます。近年はリードと一体型のリードレスペースメーカも発売されており、以前のような前胸部への傷跡が残らなくなっています。

ICD

致死的不整脈(心室頻拍・心室細動)への治療として使用される医療機器です。致死的不整脈を自動で感知して抗頻拍ペーシングや電気的除細動を行い、正常な心拍に復帰させることができます。

電極カテーテル・アブレーションカテーテル

不整脈を診断および治療するために使用する医療機器です。様々な形状の製品があり、不整脈の種類や用途に応じて使い分けられます。最近ではバルーン形状のアブレーションカテーテルも発売されており、より安全で簡便に手術が行えるようになっています。

3Dマッピングシステム

不整脈治療において、患者様によって異なる形状の心臓をバーチャルで可視化でき、より安全に手術を行うために使用する医療機器です。不整脈の機序や電気回路も可視化でき、現在の不整脈治療には欠かせないものとなっています。

 

サージカル事業

事業部紹介

サージカル事業部では手術室で扱う製品を主に扱っております。最近TVなどにも登場し分かりやすいものだと「電気メス」や「超音波凝固切開装置」などがあります。診療科でいうと心臓血管外科、消化器外科や脳神経外科、泌尿器科、頭頚部耳鼻咽喉科、産婦人科などがあり、それらの診療科で使用する人工血管や内視鏡、その他手術器具や手術台など手術に関わるおおよそ全ての商品の正しい情報や使い方、急な手術での対応などをトータルで提供していくことができる事業部です。
他には整形外科領域のインプラントといった専門的な製品も扱っており、最近では質の高い健康寿命(日常生活に制限の無い生活期間)に整形外科製品は非常に貢献しております。ナビゲーションシステムやVR技術を活用した製品も出てきており、日々スキルを高めより良いご提案や情報提供が出来るよう心掛けて参ります。

商品説明

人工膝関節

変形性膝関節症や関節リウマチによって傷んで変形した膝関節の表面を取り除いて、人工関節に置き換える手術です。

人工股関節

変形性股関節症や関節リウマチによって傷んで変形した股関節を取り除いて、人工股関節に置き換える手術です。

髄内釘固定

骨の中は空洞になっているのですが、そこに髄内釘(ネイル)と呼ばれるインプラントを入れて固定するのが髄内釘固定です。主に骨の骨幹部が折れた場合に、この方法が選ばれます。

プレート固定

皮膚を切開して骨折した部分をプレートとスクリューを使って固定される方法です。
主に関節や関節近くの骨折に使われます。


 

内視鏡事業

事業部紹介

内視鏡事業部は、主に消化器内科で使用する内視鏡システム及び内視鏡を介して治療に使用する処置具を取り扱っています。
消化器内科は、様々な診療科がある中で、最も取り扱う臓器が多い科目です。咽頭・食道・胃・十二指腸・大腸・小腸・膵臓・胆嚢・肝臓などが主な対象臓器となります。内視鏡はそもそも消化器の癌を早期に発見し、早期に低侵襲(身体への負担の少ない)で治療するために開発されました。近年、医療AIの開発・発展により、より正確な診断が可能となりつつあります。一方、この分野に参入しているメーカーは非常に数が多く、その中からドクターが最適な商品を選択することは極めて困難な時代となっています。
私達がご提案する最適な商品をご使用いただき、東海エリアにおいて癌で亡くなる人を一人でも減らすお手伝いをすること、それが私たち内視鏡事業部のミッションです。

商品説明

内視鏡システム
(富士フィルムメディカル株式会社)

富士フィルムメディカル株式会社の内視鏡システムは、写真分野で培った画像処理技術、医療分野で蓄積してきた光源制御技術などを生かして、診断のしやすさを徹底的に追求しています。鼻から入れる経鼻内視鏡、大腸腫瘍病変の診断をAIがサポートするシステム、超音波内視鏡など、多種多様な内視鏡システムを開発・販売しています。

スパイグラス DS
(ボストン・サイエンティフィック社)

胆管と呼ばれる細い器官は、これまで内部撮影は困難でしたが、ボストン・サイエンティフィック社の新型胆道鏡「スパイグラスDS」であれば、胆管内を詳細に観察でき、腫瘍が良性か悪性かを診断することも可能となりました。さらに観察だけでなく、生検と呼ばれる組織採取も可能であり、胆管領域の診断・治療に大きな発展をもたらせました。

ホットアクシオスシステム
(ボストン・サイエンティフィック社)

急性膵炎に伴う局所合併症(PPC、WON)治療を目的とした国内初の専用デバイスが、ボストン・サイエンティフィック社のホットアクシオスシステムです。瘻孔形成補綴材の広い内腔(φ10/15/20mm)により閉塞リスクを低減し、高いドレナージ効果が期待できます。また、内視鏡挿入等のアクセスポートとしても活用できるため瘻孔拡張を行わずにネクロセクトミー(壊死物質除去)の実施が可能となりました。

 

透析事業

事業部紹介

透析分野では、腎不全の患者様に対する治療である「人工透析」にて使用する装置、消耗品の販売をしております。そのほかにも透析患者様のバスキュラーアクセス治療に関わるカテーテルや人工血管などの医療材料も取り扱っています。
近年では透析施設の開業支援やコンサルタントにも力をいれ、透析メーカーとともに建築や設計、システム等の提案とサポートをさせて頂いております。
担当者がそれぞれ高い専門性を磨き病院やクリニックの相談役と慣れるように営業活動を今後も行っていきます。

商品説明

透析装置

透析とは、正常に機能しなくなった腎臓のかわりに体内に溜まった老廃物や毒 素、余分な水分をろ過する治療方法。
体外循環させ血液透析を行うためのもろもろの装置を一般的に透析装置と言いま す。写真は透析用監視装置です。

ダイアライザー

血液透析で使用する主に中空糸膜を用いた濾過装置です。1万本ほどの中空糸 の中に血液を流し中空糸表面の小孔径の穴を通して、老廃物の除去を行うデバイ スです。

PTAバルーン

抹消血管を風船によって膨らます治療に使用するデバイスです。透析では主に シャントPTA(VAIVT)という手技に使用されるシャント血管の狭窄を広げるバルーンの事を言います。

アフェレイシス分野

アフェレイシスとは一般的に透析療法を除く体外循環治療の事を言います。
透析事業部としては広い意味での血液浄化分野も取り扱っています。写真は血液 浄化装置とフィルターです。

 

ヒアリングケア事業部

事業部紹介

ヒヤリングケア事業部は単に補聴器を販売している事業部ではありません。耳の不自由な方、よく聞こえないという方も人によって聞こえない症状は千差万別。しっかりとチェックをしてその人にぴったり合った補聴器を提供できるようにします。そしてその後も定期的に何度か訪問をして補聴器の掃除・点検・微調整を行い、常に最良の状態で長く使っていただくためのアフタ-フォロ-を必ず行っています。むしろ販売することよりこのアフタ-フォローで気持ちよく使っていただくことにより注力をしています。

また、医療機器販売の経験を生かし、病院の受付や診察室内にポケット式の補聴器を設置させていただき、これは診療のときに耳の聞こえにくい患者さんに使ってもらい治療内容をよく理解してもらうことに役立ててもらうためで、院内での耳のバリアフリー化にも貢献させていただいております。

補聴器を使ってみて本当に便利だ、と実感された方から廻りの方を紹介いただき、利用される方の輪がどんどん広がっています。

商品説明

補聴器

補聴器は、聞こえを補う医療機器です。マイクから入ってきた音を、聞こえにあわせた音に加工し、聞きやすい音にしてイヤホンから出力し、聞こえを補助します。

 

炭酸泉事業

事業部紹介

弊社では平成12年から、人工炭酸泉に取り組んできました。
炭酸泉のすばらしい効果に注目し、多くの方々に炭酸泉をご利用頂きたいとの思いから、大型の炭酸温水製造装置を独自に自社開発しました。
社内唯一のメーカー部門として、主に大規模な温浴施設向けの装置を製造販売。国内外の多くの温浴施設でご採用いただいています。
医療から予防へ、予防から健康へとニーズが移行しつつある中、医療専門商社だからこそできるご提案を強みにし、今後も皆様の期待に応えていきます。

商品説明

カーボリッチ

カーボリッチは過飽和状態の炭酸温水、つまり高濃度の人工炭酸泉を作るスパ施設向け業務用大型装置です。
スーパー銭湯などのスパ施設に主に設置をしています。

カーボリッチミニ

カーボリッチミニは、フィットネスクラブや介護や福祉の現場にも広がっており、カーボリッチに比べ、コンパクトタイプであり、面倒な配管工事も一切不要な装置です。

 

機械系

商品説明

各事業部の取り扱う医療機器の他にもMRI(磁気共鳴診断画像装置)、CTスキャナー、Ⅹ線撮影装置、超音波画像診断装置、画像ファイリング装置、患者監視装置、レーザーメス、臨床化学検査装置、血液検査装置、神経刺激装置、人工呼吸器などといった大型の医療機器も取り扱っております。

営業担当者が各々の現場のニーズに合わせた提案を行い、設置から運用まで責任をもって対応しております。